株式取引

初心者でもわかる株主になるメリット!株式投資とはどんなもの?

株式投資に興味はあるけど「株」を買うとはどういうことなのか?どんな株を購入することができるのか?今回は「株式とは?」をテーマにまとめていきたいと思います。

株式とは?株式会社とはどんな仕組みなのか?

そもそも「株式会社」は事業するにあたって資金を調達してくる必要があります。

どんな会社でも利益をあげるために必要な「初期投資」などが必要になってきます。

そんな時に資金を調達してくる方法が会社には2種類あります。

  • 銀行から融資を受ける
  • 株式を発行して投資家からお金をもらう

「銀行からの融資」はその名の通り会社を担保にして銀行からお金を借りて資金を調達するという方法になります。

このお金は銀行から「借りている」ので利息を含めて月々返済していく必要がある資金となっているものになります。

それに対して、「株式を発行する」は投資家からお金を集めるものとなっています。最近では「クラウドファンディング」に近いのでそれを思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。

会社は新しい事業を始めるために投資家たちからお金を集めます。その資金を提供した人に対して証明書となる「株式」を渡します。その渡された人たちのことを「株主」と呼び会社経営のオーナーの一人になってもらうということになります。

オーナーになってもらっているので、投資家から受け取った資金は返す必要がないのでそのお金を使って事業を始めることができるということになります。

上場株?未公開?違いはあるの?

株式には種類があります。

「上場株式」厳しい審査を手続きを経て、証券取引所で自由に売買することができる株式のことになります。いわゆる超一流企業と言われる企業のことになります。

「未公開株式」は証券取引所では売買ができないですが、会社と個人が直接取り引きすることができる株式のことになります。

株式の購入すると会社経営にも携わることができる

株主になれば「株主総会」という場で経営の方針などについても口を出すことができるようになり、保有している株の分だけ「議決権」も大きくなるということになります。

つまりわかりやすく説明すると、多くの株を保有している人の方が企業のオーナーとして力が強くなるということになります。

会社経営などには興味がなく利益が欲しい!

その会社の経営なんて難しいことはわからないし、そんなには興味がない!それ以外に株主になるメリットや利益などはないのか?と思う人もたくさんいると思います。会社経営以外にどんなメリットがあるのでしょうか?

売買益で儲ける

株式の値段を「株価」といい、会社の価値というものは常に変動しています。

欲しいと思う人が多い会社であれば株価は上昇していき、反対に売りたいと思う人が多い会社であれば株価は下落していきます。

その株式を安値の時に購入して、しばらく待っていると株価が上がってきてから手放すと購入した時よりも売った時の方が株価が上がっていればその差額分が利益となります。

配当金を受け取り利益を得る

企業によって異なりますが、平均すると年に2回その会社に利益が上がっていれば、株主は保有している株式の分だけ「配当金」として会社の利益をもらえる権利が発生します。

配当利回り2%以上の企業だと「高配当」と言われています。

例えば1株あたり50円の配当金を出すことができる企業の場合は、10,000株保有している人ならば500,000万円を配当金として受け取ることができるようになっています。

株主優待もプレゼントしてもらう

こちらの「株主優待」というものは日本独自の進化を遂げたもので世界で行っているところはほとんどありません。

どういうものかというと、企業からお金を出してくれた株主へ感謝の気持ちを込めて年に1~2回ほど、自社製品を送ったり無料招待券などを含む招待券やお米などの食べ物をプレゼントしてくれるというものとなっています。

株主優待で有名な話でいうと「オリエンタルランド」という企業の株を保有していると「東京ディズニーリゾート」の招待パスポートをプレゼントしてもらえます。

株の購入のまとめ

株を購入するということはオーナーになれるということになるので、目先の利益だけを見るのではなくどんな会社でどんな事業をしているのか?それらの事業が今後どうなっていきそうか?

今の時代はネット社会で正しい情報を掴みとれるかが重要になってきますので、株を購入する前には是非オーナーになる気持ちで株を購入すると「初心者」の人でも利益を出しやすいなんてこともあるかもしれません。