フリーランスとして稼ぐ

転売・せどりをしてお金を稼ぐ!

最近ではフリマアプリが流行したおかげで転売する人がとても増えています。

副業として転売をしているという人も多くいますがまだ始めたことがないという人も中にはいると思いますので今回は転売とはどうすればいいのか?注意点はあるのか?などをまとめてみましたのでよかったら参考にしてください!

転売とは?

簡単に言うと「安く買って高く売る」商売の鉄則をやることです。

タバコや切手のようなもの以外は購入する場所によって価格は変動していますよね?

例えば、同じお米でもAのスーパーでは1,000円のものがBのスーパーでは1,500円で売っていたりします。

そのお米をAのスーパーから購入してBのスーパーで販売したら500円の利益がでるということになります。これが転売というものになります。

転売は個人でもできるようになった

マンガやDVDなどの中古のものをブックオフなどの店舗で販売しているものを購入してそれをネットで販売するということがテレビや雑誌で特集されたことによって真似する人が増えたと言われています。

売る人は利益を得るために自分の足で店舗まで行き購入する。

欲しい人は少し高くなってもいいから宅配便で送ってくれた方が探す手間も省けるし楽。

利害関係が一致したことによってここ数年で転売というものが広がりました。

最近では「転売=悪」みたい言われることもありますが元を辿ると、不動産の土地売買や中古車販売も転売ということになりますよね?

それを個人でやってしまうことがインターネットの定着とネット通販やフリマアプリの影響でできるようになったということになります。

どんなものが売れるのか?

今はフリマアプリなどで誰でも簡単に出品することができるようになったことでどんなものでも売れるようになりました。売れやすいものとしては

・新商品で注目されているもの
・数量限定や期間限定品など
・有名人やスポーツ選手などの関連する品
・映画やアニメの関連商品

などなどジャンルはたくさんありますし人によって売っている商品なども違います。一番わかりやすいようなものは予約が殺到して欲しいけど買えないとなる新商品です。

過去の事例でいうとプレイステーションのVRが販売された時に、メーカー小売希望価格は税別で「49,980円」としていましたが最高「89,800円」になり一台で40,000円の利益が出る商品となりました。

こういう新商品は価格変動が起きやすく購入時期が遅れると高値で取引されませんが販売当初に予約などで勝ち取ることができればとても高く転売することができるようになります。

また時期的なものではなく、専門的な知識があれば転売しやすいというものもたくさんあります。

「時計」や「カメラ」などの好きなファンからしたら数十万円から数百万円でも購入するものがネットでは数万円安く購入できるということがあります。それらの知識があれば副業としてやっているだけでも月に数十万円を出している人などもたくさんいます。

転売をするに当たって注意しなければいけないこと

なんでも転売していいということではありません。最近では2020東京オリンピックのチケットなどを転売してはいけないということを強くメディアでも注意勧告しています。

オリンピックだけではなくチケットの転売は購入額より高く販売すると違法となります。

偽物のブランドものを販売すると違法となります。これは転売者が本当に知らなかったとしても違法です。
他にもワインや焼酎などの酒類などは酒類免許がないと違法となります。

年間の利益が(経費を差し引いて)20万円を超えた時は確定申告などをして納税しなければいけないのですが、知らなかったではすまないということたくさんあります。

利益を出すために転売をするには古物商許可が必要となる

転売を個人でやろうとしている人はどういう目的で販売するかによって古物商の免許が必要となります。

使用目的で購入したけど使用しなかったというものを販売する場合には古物商許可は必要ありませんが、営利を目的として仕入れをして販売するというものには古物商許可という免許が必要となります。